tsumugi




田の草取り :: 2017/06/06(Tue)

田植えが終わってから
発送や畑、他の仕事をしているうちに
稲はすくすくと元気に育ってきましたが
草の勢いがもの凄いです…
毎日、田んぼへ入り草を摘んでいます。
…が追いついていません…





草が生えていると緑が増えて綺麗な景色に見えて私は嫌いじゃないのですが
草が生い茂っているエリアの稲は元気がなくなります。
楽しみながら、草を摘むしかないようです…

今年は涼しいせいか、アブが少なくて助かっています。
梅雨ですが全く降らない雨…降って欲しいなーと空を眺める日々です☆




スポンサーサイト
  1. お米作り
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
『6月のおやつBOX』 :: 2017/05/24(Wed)

『6月のおやつBOX』

発送予定日は

6/1(木)
*締切りました。沢山のご注文ありがとうございました*

6/29(木)
(都合により、日程を変更させて頂く場合もあります。)


*パッションフルーツクッキー
加計呂麻島産の無農薬パッションフルーツのとても人気のクッキー☆


*ローゼルのクッキー
加計呂麻島自然栽培のローゼル(食用ハイビスカス)のクッキー☆


*マルベリー&ココナッツのクッキー
加計呂麻島に自生するマルベリー&オーガニックココナッツのクッキー☆


*紅茶とアプリコットのクッキー
オーガニック紅茶&オーガニックアプリコットのザクザククッキー☆


*よもぎ&デーツのクッキー
加計呂麻島に自生する よもぎ&オーガニックデーツのクッキー☆


*いちじくのチョコ サブレ
(チョコレートは不使用です)
オーガニックいちじく&オーガニックココアのサブレ☆


*レモンサブレ&紫芋のクッキー
有機レモンのサクサクサブレ&紫芋のクッキー☆


*ボーロ
サクサクの食感がついつい止まらないボーロ☆


*穀物珈琲&クローブのクッキー
ノンカフェインの穀物珈琲&オーガニッククローブのクッキー☆


◆賞味期限について…

「パッションフルーツクッキー」
「ローゼルのクッキー」
「マルベリー&ココナッツのクッキー」
「よもぎ&デーツのクッキー」
は2週間。
その他のおやつは1ヶ月です。
高温多湿を避け涼しい場所にて保管下さい。


◆材料について…

卵、乳製品、砂糖、添加物、動物製品は不使用です。
自然栽培小麦粉・米飴・なたね油・自然海塩
を使用し素材本来の甘みを生かして
おやつを作っています。
小麦粉は大分県産の自然農法の小麦粉を使用しています。
なたね油は昔ながらの製法で作られた圧搾絞りのものを使用しています。
遺伝子組み換え食品が原材料となる食材は使用していません。(なたね油・豆乳など)
フルーツは自然栽培、無農薬の奄美のフルーツ
またはオーガニックのドライフルーツを使用しています。


◆おやつ代金

3500円(箱代込)+送料
*基本的に発送は郵便局のエクスパック(510円)で発送いたします。


◆お問い合わせ&ご注文先

tsumugi.order@gmail.com

ご注文の際は下記内容をmailにてお知らせください。

※お名前
※郵便番号&ご住所
※ご連絡先





加計呂麻島から心をこめてお届けいたします☆

  1. おやつBOX
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
ぼちぼちパッションフルーツの季節 :: 2017/05/23(Tue)

もうパッションフルーツの季節かぁと
庭に実り初めているパッションフルーツを見て思います…




  1. 日々の事
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
『黒米麹』 :: 2017/05/22(Mon)

最近は黒米で麹を作っています。
そのままポリポリ食べても美味しいです。
塩麹にしたり…調味料にしたり
黒米麹の甘酒を作ります☆





黒米が使えるのは本当に贅沢で有難い事です☆

  1. 日々の事
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
黒米甘酒 :: 2017/05/19(Fri)

最近は『黒米&玄米の甘酒』を
作って飲んでいます☆





黒米を使えるのは贅沢です。
今年も順調にいけば黒米は8月に収穫です。
田植えが終わって安心したのは、もう過去の話で…
今は草摘みに奮闘中です。





田んぼの草を摘みながら、美味しそうな葉っぱだな…と思えてきて
かじってみたら美味しくてビックリ!
帰って、醤油麹でさっと炒めたら本当に美味しくてビックリ!でした。

島の人からも食べれるて聞いた事ないし調べてみたら
江戸時代までは食べていたとの事
ベトナムでは今も食べているらしい…です。

  1. 日々の事
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ